持ち物・季節ごとの服装例

持ち物について

ツアー料金ツアー当日頂戴いたします。 なるべくお釣りがないようにお願いいたします。
お弁当、飲み物お弁当は1日コースのみ、飲み物は途中では買えませんから多めに!
水着、ラッシュガード泳ぐ方は一番下に着ておいてください。
マスク・スノーケル・フィン持っていない方は無料レンタル有り。
タオル2枚くらいあると快適です。
帽子、サングラス、日焼け止め紫外線は一年中強いです。
履物滑りにくい丈夫なもの、薄いビーチサンダルやかかとが高いものは危険です。
着替え泳ぐのに満足したら着替えちゃいましょう。
防寒具小笠原も冬は寒いです(季節ごとの服装の参考例をご覧ください)
カメラ、充電器、ケーブル等カメラは必須です!船で充電できます。

 

季節ごとの服装例

季節を問わず、替えの衣類は合ったほうがいいです。泳いだあとによく拭いて着替えてしまうと辛くありません。ラッシュガードは紫外線、クラゲ対策に有効です。
薄手のウィンドブレーカーは通年持っていて便利なアイテムです。

長ズボンは冬はフリース裏地、春秋はいわゆるシャカパン、ジャージなどです。
タオルはフェイスタオルが2枚あれば何とかなります。バスタオルはかさばりますが、着替えの時に必要な場合もあります。よく小さい袋をたくさん持ってくる方がいらっしゃいます。散らかる原因になりますので大きめのトートバッグなどにまとめて入れてくるのが正解です。

1風が強い日が多いです。北風に向かって走るとしびれるほどです。
ヒートテック、Tシャツ、トレーナー、ウィンドブレーカー、長ズボン、ニット帽。これくらい着ていないと一日もちません。
2月一番気温が下がるのは本州と同じです。
スノボに行けるくらいの服装じゃないと1日もちません。
3月少し暖かくなってきます。泳いだ後はまだまだ寒いのでよく拭いてください。
Tシャツ、短パンではまだ無理です。トレーナー、ウィンドブレーカー、薄手の長ズボンが必要です。
4月晴れた日中は暖かいです。日差しも強くなってきます。日焼けには注意してください。
水温はまだまだ低いです。Tシャツ、トレーナー、薄手のウィンドブレーカー、薄手の長ズボン
5月日差しは本州の真夏並です。
Tシャツ、薄手のウィンドブレーカー、薄手の長ズボン。水温は水着だけだとまだ冷たく感じます。
6月水着だけでも泳げます。日焼け防止にUVカットのラッシュガードが有効です。
船上はTシャツ、短パンだけでも何とかなります。
7月Tシャツ、短パンでいけます。
日差しは強烈です。焼き過ぎないように気をつけましょう。
8月真夏です。最高気温は31℃くらいです。
水温も高く、いつまででも泳げます。
9月まだまだ夏の続きです。水温は8月よりも高いです。夕方は少し涼しく感じます。
薄手のウィンドブレーカーがあるといいです。
10月水温はまだ高いです。
夕方は涼しいので薄手のウィンドブレーカーが必要です。
11月日中は暖かいですが、泳いだ後は確実に寒いです。
替えのTシャツなどが必要です。濡れたままでいるのが一番体温を奪います。
12月真冬です。泳がなくても冷えます。
1月に準じた服装で参加してください。